お盆とお正月のお子さんの帰省時に誤解をされないために

「どうして、こんな大きな冷蔵庫を買ったの!」と言われ、
答えることができずに、お取引が無くなる。

街の電器店さんでは、こうして、お盆とお正月に、誤解からお客様を失うケースがあります。

とくにお年寄り一人暮らしの方ですと、

  • 400L超えの冷蔵庫
  • 40型以上の大型テレビ
  • HDD&ブルーレイ
  • 箱に入ったままの電化製品(未使用)

は危険です。

なぜ購入したのかの理由も記録しておく

どの家電製品も一人暮らしのお年寄りには、不釣り合いの製品だと思われるからです。

400L超えの冷蔵庫は、普段はそこまで入れない。
お盆やお正月に子どもさんが帰省する際に、色々と入れられるように。
こんな大きな冷蔵庫、一人暮らしには大きすぎる!!!

40型以上の大型のテレビは、
見ている距離が近すぎるとお客様は見づらいし、色の設定で鮮やかすぎると、
よい印象になりません。
→40型以上のテレビは大きすぎる!!!こんな狭い部屋で!!!

HDD&ブルーレイは、
お孫さんのために、アニメや特撮もの、ヒーローものを録画できるように。
また、DVDを持ってきたときに再生できるように。
→録画してまで番組を見ないのに!!!なんで録画器がいるの?

普段使いとお盆、お正月での利用方法が変わるからです。

たまに会える家族のためにという想いで購入したのに、家族からは「こんなの要らないでしょう?無理矢理売られたの?」と言われてしまう。

こう言われると、「私が普段はここまで使わないけど。あなたたちが来たとき便利だから買ったのよ」と丁寧に説明してくれません。

お客様の言葉で説明をさせないために、領収書、カタログ、納品書、購入理由を書いたメモ、名刺をまとめておきます。

それを読んだお客様は、納得をしてくれます。
はじめに紹介をした記事にあるように、「これからもよろしくお願いします」になりますので、チラシ、資料、伝票をまとめることを行ってください。

売価1万円ぐらいで箱に入ったままの製品も危険

箱に入ったままの電化製品は、
メーカーさんの持ち歩き製品で、箱から出さずにそのままになっているケースです。

買ったのに使っていない状態。箱から出して使えるようにしておく。
→どうして箱に入ったままで置いておくの使わない物を無理矢理売られた!!!

メーカーさんのキャンペーンで持ち歩き商品の販売のために、使える状態にせず、箱のまま置いておくと、まさかのタイミングで嫌われることになります。

便利で生活の楽しみにつながるのが家電製品です。
しっかりと購入理由と価格を記録しておきましょう。

テレビを例に説明します

テレビを例にすると、
次のようなチラシとメーカーカタログがあると納得してもらえます。

電気代と画面の距離の目安です。

後から見返しができるようにしておく

お金がある方ほど、サービス内容を的確に判断してくれます。
「いつも、お世話になっている」「困ったことがあったらすぐに解決してくれる」
「定期的に訪問して電化製品のお掃除や操作方法を教えてくれる」などなど、電器店さんの取り組みは評価される内容です。

ですが、こうした取り組みを、あとから見てわかるようにしていないと、本人以外の人に伝わりません。

特に離れて暮らしている家族には、たまに会うからこそ、置いてある電化製品で判断されてしまいます。

お客様に何を行っているのか、を後から見てわかるようにしておきます。

そのため、チラシ、領収書、納品伝票、などを一カ所に揃えて、いつでも見られるようにしておきます。

そうすることでお客様が言葉で説明をしなくても、帰省したご家族の方に納得をしてもらえます。

お盆、お正月は特に、半年、一年ぶりに家族と会います。
そのときに、電化製品が変わっていると、気がつきます。

購入理由が、
「電気屋さんに勧められたから」「安くなると言われて」では、電化製品のことがわからない年寄りに高い物を売りつけられたというように受け取られます。

それぞれの製品を買う理由があります。その理由を記録として残しておくことが大切です。

以前に雑誌に掲載された、お盆とお正月の対策の記事です。

おおげさなと思うかもしれませんが、万が一に備えて対策をしましょう。

重要なことは、誤解されなくていいことで誤解をされることを無くしましょう。

家族の時間を嫌な気持ちにならないために

年に数回の帰省の家族の時間を家電製品のことで、気分を悪くして過ごすのはよくありません。
配っているチラシ、伝票をまとめておくことで、不要なトラブルは回避できます。

年に数回の家族の対面時間に、嫌な気持ちになることを避けましょう。
大型冷蔵庫、大型テレビは、一目で「どーーーーん」と存在感ありますので、目に入ります。
目に入ってしまうので、仕方ありません。

お客様は、
「帰省をした息子、娘に●●(製品名)の購入理由を説明できず、これからは相談をしてくれと言われたので、あなたのお店からは今までのように買えない」とは言ってくれません。

ただ、買わなくなるだけです。誤解からお取引が無くなることはちゃんと防止しましょう。

「見える化、伝票、チラシ、購入理由をまとめておくこと」です。

■こちらからPDFで上記記事をダウンロードしていただけます。
お客の息子・娘を味方にする仕組み PDF

最後に箱に入ったままの製品は一番危険ですよ

特に危険なのは、箱に入ったままの家電製品です。
「電気屋さんに頼まれた」「電気屋さんが置いていった」ということを言われたらアウトです。
お客様にとって必要な製品を販売するようにしましょう。使える状態にしておくことです。

2 COMMENTS

間明田静余

川口様

初めまして。私 都内印刷会社に勤務している間明田(マミョウダ)と申します。
街の電器屋さんを管轄する企業様のお手伝いをしておりますが、
なかなか情報が掴めにくく、本部様のアドバイスを引き出すことができずに
苦労しております。

本部が各地域の電器屋様への声を反映したツールとなるもの は果たして。。。
壁にぶつかっております。

川口様はどのような視点でこのようなサービスを始めたのですか?

不躾なご質問で申し訳ございませんが教えていただけますか。

返信する
川口 雅行

間明田様

お世話になります。
コメントありがとうございます!

一意見として、
ご参考になればうれしいです。

私自身、町の電器店に12年勤務をしており、
地域の方に貢献でき、自分の成長という点でも
大変有意義な経験だったと実感しております。
地域家電店は、
家電、リフォーム、エネルギー関連と
売れるものが年々増えていきます。

売れるものが増える=伝える情報

が増えます。

そのため、
家電だけならチラシはいらないけれど、
多岐にわたる商品・サービスも販売する場合、
チラシが必須になります。

地域家電店さんをご覧いただいていると、
お気づきだと思うのですが、納品、セールス、廃家電処理、
グループの会合、地域での活動、家族との時間
とかなりのやるべきことが多く、
チラシなどの販促にエネルギーを使えないお店さんも多々あります。

人の力でないとできない作業や仕事が多く、その結果
業務が終わった夜の時間にチラシ作成をしている方も多くいます。

こうしたチラシ作成の負担を
減らしていただきたいと思っています。

中にはチラシ作成が負担でなく、夜中でも
集中できるからとパソコンに向かえる方もいます。

売上げにつながらないと、
行動を続けてもらえない。

チラシは配り続けないと
成果が途切れてしまう。

情報提供を続けてもらうために、
一年間のチラシテンプレートを用意しています。

テンプレート利用からスタートをして最終的には、
自店で自作できるまでをマスターしていただき、
外注と内製の組み合わせで営業活動、販促活動の計画を
作り、売上げアップと贈客につなげていただきたいと願っております。

まず、チラシを配るという
活動を続けていただけるように、

サンプル提供
・・・自分で作成するスキルがある方は真似てもらえばOK。チラシを作ることが苦痛でない方。

テンプレート提供
・・・自作するスキルが自信がない、チラシ作成の時間短縮をしたい方。
というように考えております。

私自身の考えで、
・電器店様がチラシ販促の計画を作れる、
・チラシを自店で作成できる
・お店が家電、リフォーム、他の事業をどの程度の目標で取り組むか決める
ようになれば、売上げアップに大きな力になると思っております。

何かしら売れるものがあるため、
事業としての計画がなければ、
・家電がダメならリフォーム
・蓄電池が売れるから蓄電池
・10月はリフォームが売れるかも
など、事業としての目標設定がないと、
結果何か売れているからいいという曖昧なことになってしまいます。

商品が売れなくても、
電気工事や粗利を稼ぐ仕事があるので、
何かしら売上にはなりますが、正直発展はできないと思います。

せっかく売れるものがあるので、
目標を立てて取り組みをすることで安定して成長していきます。

安定した成長をするためには、
チラシを使った情報提供はかかせません。

一度に多くの方に一斉に情報を伝えることができるからです。
地域密着事業のために、ポストに入れるが一番有効です。

チラシ販促を元にしたアドバイスをこのホームページでしております。

画像は全部公開しています。
真似て作成していただければ、費用はかかりません。

作成する時間の短縮や一年間チラシ販促をするお店さんには
テンプレートを購入をオススメしております。

実際にチラシを配りながら、
反応を得て、チラシ販促をマスターしてほしいからです。

チラシをゼロから作るのは大変。
・1枚のチラシで成果を出すのは初心者には難しい。
・チラシに頼りすぎない。(配れば売れる的な発想にならないために)
・チラシ作成の時間短縮してほしい。

というように、考えております。

商圏、自店のお客様に
まずチラシを配ることからスタートしてほしいということで、
このブログを公開しています。

自分が電器店勤務でお世話になったこと、
全国で、悩んでいる電器店様の力になればうれしいという理由もあります。

チラシを定期的に配るだけで、売上げは伸びます。
何を配ろうかと悩んでいて、時間がすぎていくことがもったいないからです。

あとは、相談をされたときに、
毎回同じ話をするのが、自分にとって苦痛のため。
お店のできることを、定期的にチラシを配ってください。ということに尽きるため。

相談をされるタイミングでは仕事を受けられないことがあり、
電器店のお力になれないと、申し訳ないため。

いつでも、見られるようにブログに掲載しています。

見てもらい、まねしてもらい、
チラシ作成の時間短縮が必要ならテンプレートを使ってもらえれば成果がでます。

こちらで400点のチラシ画像を公開していますので、
お取引先の本部の方に、「この中で参考にしたいチラシありますか?」など
数を見ていただくとアイデアが出てくると思います。
https://xn--pckann3cn1hwiq721c.com/pic

ノウハウとチラシのアイデアは、
私自身が
電器店に勤務をして、
その中で販促を行ってきました。

このブログの中でご紹介している
チラシは、チラシパックシリーズとなり、
ノウハウをもっている会社様と共同で
制作できたことで400点近いチラシの
テンプレートを用意できました。
制作は、この会社様が行っていただきました。

地域密着の事業としての
考えを重視しています。

一般的な 営業ツールの発想のスタートが、
・会えないお客様 (データでしかお客様を知らない。会えない)
・最短で注文・問い合わせ
・お客様に来てもらう
でした。結果、通販系のノウハウを参考にするという状況でした。

ですが、
地域密着事業は
・会えるお客様 (地域の方 リアルに会える。本人以外の家族情報もわかる)
・商品・サービスをお客様がよくわからない
・お客様の家に訪問できる
でした。となると、通販系のチラシをやるほど、

チラシ、DMで売れるため、
お客様との人間関係が築きにくくなります。

会って話す、呼ばれていく、訪問できる
という電器店様の強みを生かして、
人間関係を育てるようにするためにチラシパックなど
販促を設計しております。

あと、本部の方がどのような意向かわかりませんが、
電器店さんは、メーカーさんがあるため、チラシ、カタログは
そろっています。

とくにチラシや営業ツールを必要としておりません。
定期訪問をする。商品の保有状況、使用年数を記録しておき、
メーカーさんのチラシやカタログで説明をする。
という地道な活動をしているからです。

ちゃんとしている電器店様ほど、
チラシ販促を必要としていない。
手間がかかるお客様の訪問をして=対面で説明する「会って売る」

営業が苦手で自社の強みを磨いていないお店ほど、
楽して売りたい=チラシで売る「会わずに売る」
ですが、考え方がチラシに反映しますので、

お店の都合で売上げがほしいとき、
売りたい商品・サービスの情報のみ

を送っていては、お客様が求める要素はありません。

私が電器店に勤務をしていたときに、
とても感謝できるありがたいお客様ほど、
「こちらの手間を理解してくれました」

わざわざ申し訳なかった。いつもありがとう。

という言葉と、費用も正規の料金をお支払い
いただきました。その反面、衝動買いのような
ことをしませんでした。

必要なら購入する。
・困らないように、壊れる前に(一定の年数で買い換え)
・家中の電化製品をいつ買い換えするか計画的に。(今年は冷蔵庫とエアコン、来年は子ども部屋のエアコン。。。)
・便利になった機能は検討する(最新のモデルの情報を聞いてくれる)

というように、こちらが勉強になる買い換えのサイクルをされていました。
自店の上得意様は、上記のような方でした。こうしたお客様と関係を続けるために、
情報提供チラシなど、家電、住まいの メンテナンス 使い方 点検チラシを配っていました。

・会ってお客様と話をする。
・お客様から問い合わせ・訪問の依頼を増やす

ためにチラシを使っています。

長くなりました。

お取引先の本部の方の目的が、
商品を売りたいになれば、売れるチラシがほしい。
売れている商品・サービスをのせたチラシ
特価商材のチラシ 
を作るでしょうが、

現場は、できる できない という理由で
自分たちが配るチラシを決めます。

リフォームができなければ、
リフォームと書いてあるチラシは配れない。

エネルギー関連の仕事ができなければ、
太陽光発電、蓄電池のチラシは配れない。

となります。

>本部が各地域の電器屋様への声を反映したツールとなるもの は果たして。。。
>壁にぶつかっております。

本部の方も各地域の電器店様の要望を満たすチラシというのは
難しいと思います。

・お店それぞれのできる業務の範囲が違うこと。
・チラシを配るより、会った方が早いと思っているお店さん。
・メーカーさんなど立派なチラシを提供している取引先があること
・自店の強みを磨いていない、ライバルと比べて何が強みなのか?

など、心理面、技術面、お店の取り組み面と違うため、
要望はあるがどれが有効かわからないになるかもと思います。

ですので、
・各お店での成功事例を報告してもらう
・その成功事例をチラシ化して、他のお店に提供
 (チラシ と ノウハウ の両方を提供)
・お店は自分たちで必要なチラシを選び定期的に配る

という流れを作るとよいかと思います。
チラシ作成に関しては、
間明田さんはプロ中のプロだと思います。
ですので、制作が安定してできる仕組みを作り、
毎月チラシ作成のための情報が集まり、制作だけに集中できると成果が出続けると思います。

チラシでの成果ということで、
参考にこちらをご覧いただくと
参考になるかと思います。

※実際に配られたチラシと成果報告を掲載しております。
https://xn--pckann3cn1hwiq721c.com/gokuraku

こちらにも電器店様の販促ノウハウとして、
お伝えしている内容があります。
これは購入しなくてもよいですので、
本文を読んでいただくと、現状分析ができますので、
気づきがあるかと思います。

https://denki10.net
10個のエクササイズをのせています。
10個のエクササイズを行っていただくだけでも、
お店の目標設定ができます。

長文&リンクが、
何かしらの参考になればと思います。

お客様とのやりとり、
売上の結果を

1枚のチラシにして、
ブログの情報にするかだと思います。

かなり地味な作業の繰り返しです。。
ご覧いただいた中に、
「リモコンの電池交換」もあったかと思います。
小さなことでお客様は困っています。

リモコンの電池交換がわからないも、
夏場のエアコンのリモコンだとすると、
冷房が使えずに暑くて大変になります。

小さなことが大きな不満や不快になるので、
そうしたこともイメージすると、
無駄な情報はないなぁと気づけるはずです。

電器店さんも、
夏場にリモコンの電池交換で呼ばれていては、
他の仕事が止まります。

お客様の不利益は、
お店の不利益となると、
お互いが困らないためにチラシを活用しようとなります。

電器店さんの仕事は、
毎年同じことを繰り返しています。
そのため、計画を作りやすいです。

新製品・新サービスは
メーカーさんが販促ツールは
用意してくれます。

情報には困らないはずです。

どこでも購入できる家電製品を
あなたのお店から買いたいと
言われる差を作り出します。

チラシを定期的に届けることも
お客様からすると、評価いただけます。

それぞれの
お店の売上の中に答えはあります。

お客様から
ありがとう と言葉をいただき、
お金をいただく、
そして、関係が続いている

これ以上の答えは無いと思っています。

お金を出してくれている
お客様を信じて、チラシにしていきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です