【店名ロゴと一言】5月~7月に配る3枚の集客チラシ

チラシ販促に取り組むためには必須!

こんにちは、本日はチラシ作成のアドバイスでお伝えしていることを書きます。

チラシ作成を始めるときに、できるだけ作成してもらう、または統一してもらう部分があります。

それは、店名ロゴです。

カワグチデンキ があるとして、チラシに店名を入れる時に店名ロゴがないと、

チラシによって店名の書体がコロコロ変わるケースがあります。

基本、企業であれば「ロゴ」は統一されているのですが、電器店様でロゴを作成しておらず
作成時に、「太い文字」「丸い文字」と変えてしまいます。

これは、絶対にやめてください。ロゴがつくれなければ、使用するフォントを統一してください。

その理由を説明します。

どこから?誰から?を印象つけるため

チラシを作成する際に、キャッチコピー、内容、写真、イラストなどには工夫をして考えるのですが、
店名などは気にせず使用しているケースが多いのです。

お客様が見た時に、「毎回文字の見た目」が変わっていると印象に残りにくくなります。

当然、店名が書いてあるので、「●●デンキさんから来ているなぁ」というのはわかるのですが、
印象の残り方が違います。

とあると、どうでしょうか?かなり印象が変わりませんか。

何枚も見るケースはそんなにないでしょう?と思われるかもしれませんが、
一番影響を受けるのは「イベント、個展」の時です。

毎月1枚渡す程度はいいのですが、イベント時はまとめて入れますよね。
そのときに、統一していなければ、ロゴで損をします。

内容は覚えてもらわなくてもOK。店名+担当者の印象アップ

チラシの内容をいかに読ませるかに力を入れるよりも、

  • 季節で役立つ情報
  • 担当者の一言

に基づくと印象に残り、反応がよくなります。

3月に必要なこと、3月の困りごと解決。
4月に必要なこと、4月の困りごと解決。
5月に必要なこと、5月の困りごと解決。

・・・ ・・・

12月に必要なこと。12月の困りごと解決。

と、一年を通して、提供できる情報はあります。

加えて、

担当者の一言を手書きで書きます。

店名欄に少し空欄を作り、その部分に

「ご無沙汰しています」「エアコンの調子いかがですか?」など一言を書きます。

統一されたロゴでお店の印象をつける。
担当者の手書き文字で、人の印象をつけるようにします。

情報提供をしているタイミングは意識していますか

ここで一年を通して情報提供できるタイミングがありますよ。とお伝えしました。
まずは家電製品に関しての情報を準備します。

次に、家電以外の情報提供のタイミングを参考にします。

街の家電店さんの良さは、「小回り」です。

大手は、全国の店舗で取り組む、社内で大勢の人数で情報共有が必要なため、
数ヶ月間前から何を取り組むかを決めています。

この取り組みの計画をマーケティングカレンダーと言われています。

また、業種ごとに

  • マーケティングカレンダー
  • 販促カレンダー

というのがありますので、
購入をして、いつ何が提供出来るのかを知るのは参考になります。

というのも、一年間の計画が数千円で手に入りますので、タイミングを知れば、必ず売れるものがあります。

タイミングを逃しているから売れないというケースが多いはずです。

もし、このタイミングを意識していないのであれば、
「お店が売上が欲しいタイミング」でしか、情報提供をしていません。

お店が売りたいタイミングとお客様が欲しいタイミングが一致していないと何も起きません。

エアコン!、エアコン!!、エアコン!!!

さて、タイミングというと今の時期は何がよいでしょうか?先日は「エアコン販売に役立つ9種類のチラシ」を紹介しました。

何かあるかなぁ?と考えてから次のチラシ3枚をご覧ください。

■お客様紹介依頼チラシ

夏場はエアコンに関しての新規の問い合わせがあると思います。面識がない方からの問い合わせが増える時期は、紹介も起きます。
紹介を起こすためには、こちらから紹介してくださいを依頼します。

ポイント、このチラシを渡せる方は「関係ができている方」渡せない方は、まだ関係ができていない方ですので、サービスメニューチラシやお店の魅力を伝えるチラシを届けましょう。

■部屋干し対策チラシ

頭の中がエアコンで一杯だと、他のことに気付きません。梅雨の時期、部屋干しに対応したチラシを配りましょう。

■扇風機&サーキュレーター

エアコンと合わせて使うといいですよの提案チラシです。具体的にどのように使うといいかまで説明しています。
特に今扇風機は、DCモーター機種が売れるので、単価もあがっています。

喜ばれますので、こちらも忘れずに配りましょう。

どうでしょうか?

頭の中がエアコンで一杯だと他の情報に気付きません。
ここで紹介した商品・サービスは電器店さんが日頃対応していますよね。できていることを見える化してチラシにして届けることで喜ばれる情報になります。

タイミング、店名ロゴ、担当者の一言が1セット

いつ、何を配るのか のタイミング、
統一された店名ロゴ、担当者の一言が1セットにして定期的にチラシを配ることで
「季節ごとに役立つ情報をしっかり届けてくれる●●デンキの●●さん」というのがお客様の印象に残ります。

ですので、何かあったときに、まず相談をしよう!と連絡が増えます。

連絡があったらお客様にお会いして、商談をすることで売上になります。

ここで重要なのは、季節のタイミングは読まれる情報提供につながります。

ですが、確実に売上にするためには、「お客様の保有商品の情報」を把握しておきましょう。

街の電器店様では、お客様の保有商品の情報を把握しておらず、家の中に何があるかわからず、
「何かあったときに調べればいい」となります。

これでは、10年以上経っているエアコン、冷蔵庫のお客様に提案をするという「提案営業」ができません。

自店販売分は把握しているが、他店の分まではわからないと言われるかと思います。

そうしたときは、お客様に確認をしてください。

冷蔵庫、テレビ、洗濯機、など基本になる製品一覧表に不明な部分を聞いて入力をするとよいです。

お客様に、教えてください。と聞き、

  • どうぞ、どうぞ、調べていって という方は関係ができている方。
  • 今はとくになにもないから、今日はいいです。。

という場合、断られたお客様にはお店のサービスメニューや困りごと解決のチラシを届けてください。

お店のサービスの魅力が伝わっていないため、そうした返事になります。

YESのお客様だけでなく、NOの返事をもらったら、まだお店の魅力が伝わっていないんだなぁがわかり、
次の情報を提供してお店の魅力を伝えていこう!となります。

YESでもNOでも次の情報提供をする意識です。

店名ロゴの連載記事です

電器店様が店名のロゴを作るとよいですよを紹介した雑誌記事がありますので、よければご覧くださいね。
この店名ロゴは、ものすごく効果があります。ロゴ作成の費用が今はもったいないと思う方は、使用するフォントを統一するだけでも違いますよ。
もう一歩販促に力を入れたい方は、お店の地図も作成してもらいましょう。グーグルマップ、縦横の線だけで作成した地図よりも詳細の案内図ができるとよいですよ。

こちらには、画像でのせています。
一番最後にPDFのリンクも用意しますので、プリントアウトして読みたい方は参考にご覧ください。

記事内のロゴ作成サービスにご興味ある方は、エナジービジョンの羽物さんまでお問い合わせください。

店名ロゴを活用しよう!記事PDF

「いつも情報を届けてくれる」

お客様が内容を読まなくても、あなたのお店から情報が定期的に届いていることを覚えてくれます。

それには、「店名ロゴ」であなたのお店を思い出してもらう必要があります。
統一されたロゴで情報を届けることには、ものすごく価値があります。

すでにチラシ販促で成果を出しているお店さんは、店名ロゴを活用するだけでさらに成果になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です